FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もともと一戸建てで外猫だったこの子を
室内飼いできるか不安でしたが
もう14歳というおばあちゃまなので
病気や事故の心配、そしてかなり大目に見てくださっていたであろうご近所さんへの迷惑を考えると
これでよかったかなぁと思いますo(-_-;*)。

せめてもの償い?に
ベランダを歩けるように囲いをつけ緑を置いて
なんとなく置いてみたピースを組み合わせて広げていく絨毯がお気に入りのようだったので
100均に行く度に一枚ずつ増やしてます
灰色だった手足は真っ白になり
蚤やダニ、事故など外からもらう危険は減り
…そしてどちらかというとスレンダーだったのが
食いっぱぐれもなくなり、運動不足で太りだしました。←気をつけます(`・ω・´)シャキーン

部屋の中でも、この子は「おとっちゃま」です(讃岐弁で小心者という意味)
絨毯の下、家具の隙間、布団の中…etcそーーーーっと手を伸ばして様子を探ったり
ベルトやコード(多分蛇だと思って)にビックリして縦にぴょーんと跳ねたりします。
この慎重さで今までいろんな危険から身を護ってきたんでしょうね。

猫を飼うということは
というより生き物を飼うという事は大変なこと。
「グーグーだって猫である」の作者がそういう話に触れていましたが
いろんなものを奪い束縛する罪悪感みたいなものがあって
束縛される不自由はせめてもの罪滅ぼしなのかも。
掃除魔の私が天敵の掃除機遠慮してしてやってるんだゾ(ベランダの出たのを見計らってかけてますが)

それでも安心しきって眠ってる姿を見ると
縁あってここにいるんだよね、とヘンな納得をしています

あまり好きではなくて置くまいと思ってたけど
急に寒くなってきたし、この子のためにこたつ買おうかな~(*^_^*)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。